梅雨とは。<67>

Print Friendly, PDF & Email

良い天気が続いておりますが、週末は雨模様らしいです。

週末に雨が続く時が年に何度か御座いまして…。

もうすぐ梅雨という時期に入って参ります。

 

筆者は、結構ジトジトしている梅雨の時期が好きだったりもしますが、

一般的には嫌われがちですが、チョット好きになってもらうようなブログを

書こうかと思います。

 

まず、梅の実についてですが、梅は日本で古くから親しまれている果物の一つです。

梅は、春に白い花を咲かせ、夏には実をつけます。

熟した梅は、酸味と甘みがあり、そのまま食べたり、梅干しや梅酒などに加工されます。

また、梅は、風邪や熱中症の予防にも効果があるとされています。

 

一方、梅雨とは、日本の6月から7月ごろにかけての季節を指します。

この時期には、長雨や湿気が多く、気温も高いため、不快な季節とされています。

しかし、梅雨の時期には、梅の実が熟し、梅雨の晴れ間には、梅を使った料理や

飲み物が楽しめます。

 

また、梅雨は、自然界にとって重要な季節でもあります。

植物が成長し、川や湖などの水量も増えるため、豊かな自然を支える役割があります。

梅の実と梅雨は、日本の文化や自然環境に深く根ざしているものです。

梅の実を味わい、梅雨の雨音を聴きながら、日本の季節を感じてみては

いかがでしょうか。

 

と一般的には、まだ実がなるには早い時期ですが、

当社の社員同様(結構せっかちが多い)この時期に実をつけ始めました。

白い梅の花も美しいですが、青々と夏を感じさせる実をつけた梅の実も良いですね。

カメラマンの腕がいいからですかね? 広報担当Iさん!

採用エントリーはこちら

採用エントリー
Copyright 2024 堺土建株式会社