2023年を振り返る。<85>

Print Friendly, PDF & Email

こんにちは、

管理本部 Sです。

年末も押し迫って参りまして、皆さまお忙しくされているのではないでしょうか。

今年最後のブログにさせて頂きますので、2023年を振り返ります。

 

国内ニュースとしましては…。

・新型コロナ「5類」引き下げ、5月8日に

・G7、軍事・財政で支援継続=ゼレンスキー氏対面参加―広島サミット

・ビッグモーター本社などを捜索

・ジャニーズ、解体へ

・藤井、初の全八冠制覇=将棋

などなど…。

 

国内ニュースはここ最近明るい話題が少ない中で、

藤井 聡太 初の全八冠制覇は、将棋に疎い私も関心事項となりました。

お話をされている姿を見る限り ”普通の21歳の若者” なんですが、

将棋の才能のある方が集まっている中で飛びぬける能力というのは

本当に凄い。

 

海外ニュース

トルコ・シリアでM7.8の地震

役所広司さん男優賞=カンヌ映画祭

ハワイ・マウイ島で山火事

ハマスが対イスラエル大規模作戦

リビア東部で洪水

濱口監督作品に銀獅子賞=「悪は存在しない」―ベネチア映画祭

 

海外でも日本の俳優や映画監督が評価された一年となりました。という以外は

災害・戦争の話題が多い一年となりました。

最近、海外ニュースも暗い話題が多い傾向にありますね。

 

スポーツに目を向けますと、

・国枝さんが引退会見=車いすテニス

・メッシ、最多更新8度目の受賞=サッカー・バロンドール

・侍ジャパン、世界一=WBC

・宇野、男子日本勢初の連覇=世界フィギュア

・井上尚、世界4階級制覇=ボクシング・Sバンタム級

・南ア、最多4度目の世界一=ラグビーW杯

・阪神、85年以来の日本一=プロ野球

・神戸、初のJ1王者

・大谷 翔平 10年間7億ドルでドジャース移籍

 

書き出すとキリがないくらい話題性のある明るい話ばかりです。

日頃のモヤモヤをスポーツが解消してくれるというのは、

ここ数年の傾向にあるようです。

関西では、プロ野球では阪神タイガースとオリックスバファローズの日本シリーズ

Jリーグではヴィッセル神戸が初優勝など熱い話題が多く、

世界に目を向けると、やはり大リーグの大谷 翔平選手、ボクシングでは井上 尚弥選手

日本人が圧倒的な身体能力で世界を凌駕する姿は頼もしい限りです。

 

来年はスポーツだけではなく、世界に通じる日本のヒト・モノ・コトが人々を明るくする

世の中であればいいなと願うばかりです。

採用エントリーはこちら

採用エントリー
Copyright 2024 堺土建株式会社